ブライトエイジの対象年齢は何歳から?クリアな肌を目指そう

ブライトエイジの対象年齢は何歳から?クリアな肌を目指そう

ブライトエイジの対象年齢はどれくらいがちょうどいいのでしょうか?

女性なら誰しもいつまでも年齢に負けないキメの細かい肌でいたいですよね。

ですが、年齢を重ねると加齢や外的刺激、ストレス、ホルモンバランスなどによって肌悩みはどんどん増えていってしまいます。

人間の肌は男女ともに20歳~25歳から徐々に肌細胞が低下し始めると言われていますが、それくらいの年齢だと、まだまだ多少無理してもすぐに元のハリのある肌に戻ることができますよね。

エイジング効果のあるブライトエイジを始めるなら、いつくらいから使ったほうがいいのでしょうか?

ブライトエイジの対象年齢について調べました。

ブライトエイジの対象年齢は30代~40代

エイジングケアのブライトエイジの対象年齢は30代から40代とされています。

今までなら少し無理をしたり、ストレスをためたり、クレンジングをせずに化粧をしたまま寝てしまったりと肌を酷使しても、翌日から3日までには元の状態に戻っていましたよね。

しかし、ちょうどブライトエイジの対象年齢である30代~40代はちょっとしたことでも肌トラブルを起こしやすくなり、シミやくすみ、そばかす、しわ、たるみなどの肌の老化が起こりやすくなります。

30代からエイジングケアなんて早すぎない?と思われるかもしれませんが、30代を機に肌細胞は一気に老化が進んでいくので、今のうちからエイジングケアを始めておかないと、50代~60代になった時にシミやくすみを治そうと思っても簡単に消すことはできません。

ブライトエイジはそんなエイジングケア初心者にぴったりの化粧品なのです。

しかし、対象年齢が30代から40代に該当しているエイジングケア化粧品なんてかなりの数がありますよね。

なぜブライトエイジがエイジングケア初心者におすすめなのでしょうか?

年齢肌炎症を治す美肌成分をたっぷり配合!

年齢を重ねるとともにシミや乾燥、小じわ、たるみが目立ってきますよね。

実はその大きな原因は年齢肌炎症だってご存知でしたか?

肌表面にある0,02mmの角質層をバリア機能と言いますが、このバリア機能には水分を保持したり、外的刺激から肌を守る働きがあります。

このバリア機能が年齢とともに衰えていくことで、10代や20代の頃よりも紫外線などの外的刺激を受けやすくなり、どんなに外側から化粧品で水分を補おうとしても、すぐに水分が蒸発してしまうのです。

これらの現象によって、少しの刺激や摩擦で肌細胞を傷つけてしまうことで、シミやしわなどの様々な肌トラブルを起こすことを年齢肌炎症と言います。

そんな年齢肌炎症を改善させることができる成分がブライトエイジには配合されています。

トラネキサム酸とは、もともと肝斑治療に使われている美白成分でたんぱく質を作る成分である必須アミノ酸リシンを元にして合成されたアミノ酸の一種です。

肌老化の原因であるメラノサイトの働きを抑え、シミやくすみ、そばかす、肝斑を改善させることができます。

また、抗炎症作用もあり、肌あれを防止する作用もあるので、トラネキサム酸だけでもこれだけの効果を発揮するのですね!

その他にもアミノ酸ミックスやセラミドミックス、コラーゲンミックス、マリンエスラチン、アーティーチョークエキス、イシゲエキス、パンテチン、ヒバマタと保湿や美白に効果的な成分がたっぷり配合されています。

1つの化粧品にこれだけの質の高い美容成分があるのであれば、効果は期待できますよね!

対象年齢が30代~40代とちょうど肌トラブルが気になってきた年代に使ってほしいブライトエイジで、初めてのエイジングケアを始めてみませんか?

お得なトライアルキットも販売しているので、詳しくは公式サイトで確認しましょう。

>>【第一三共・アイム】ブライトエイジ(BRIGHTAGE)の公式サイトはこちら