トランシーノ 副作用

美白成分配合のトランシーノを飲むことで、体の内側から肝斑やシミを防ぐことができます。しかし、その反面、副作用が出ると口コミでも噂になっていますが、副作用がでる危険性はあるのでしょうか?
MENU

肝斑治療薬のトランシーノは副作用が出る!?起こり得る副作用の症状まとめ

トランシーノは肝斑に効くけれど、副作用が出るって本当でしょうか?

 

肝斑ができると普通のスキンケアでは治すことはできませんし、放っておくとどんどん範囲が広がってしまい、メイクだけでは隠しきれないことも。

 

肝斑治療は基本的に外用薬と内服薬を併用することで、より早く肝斑を薄くすることができます。

 

体の内側から肝斑の原因となるメラノサイトの働きを抑え、肝斑を消すことができるトランシーノは飲んで2か月で効果が出ると肝斑治療薬の中でも人気が高いのです。

 

しかし、口コミを調べてみると、少数ではありますが、トランシーノを飲んだことで副作用が出たと報告している人がいます。

 

肝斑を治すためにトランシーノを飲んでいるのに、副作用がでる危険性があるなら、トランシーノで肝班治療をするかどうか悩みますよね…

 

トランシーノを飲むことで起こる可能性がある副作用の症状について調べました。

 

 

<脳梗塞や動脈硬化!?トランシーノを飲むのは危険?>

 

トランシーノの主な成分であるトラネキサム酸はメラニンの生成を抑制し、シミや肝斑を予防することができる美白成分ですが、もともとは医療現場で止血剤として使われていた成分です。

 

血液の粘度を高めてしまうので、血栓ができやすくなるデメリットがあり、今までに脳梗塞や動脈硬化などを引き起こしたことがある人の服用を止められています。

 

また、その他にも持病がある方、妊婦、授乳中、55歳以上の方は副作用が出る可能性が高まりますので、どうしても服用したい場合は医師に相談する必要があります。

 

美容皮膚科の特効薬と言われているトラネキサム酸配合の内服薬だけあって、効果は強い分副作用がでる危険性があるようですね…

 

 

<生理が止まるって本当?>

 

トランシーノの口コミの一部では、トランシーノを飲み始めてから生理が止まったり、周期が乱れるようになったという口コミもあります。

 

しかし、トランシーノは女性ホルモンに直接影響を与えるような成分は入っておらず、生理周期が遅れるなどのトラブルが起こる可能性はほぼありません。

 

肝斑の原因はホルモンバランスの乱れも関係しているので、肝班治療に効果的な成分が配合されているトランシーノを飲んだことで、生理痛がひどくなったり、生理がこなくなったのでは?と思われている方も多いようです。

 

ですが、実際のところ、トランシーノには生理に何らかの影響を与えることはないので、トランシーノのせいでそのようなトラブルが起こったとは言えないでしょう。

 

 

<美白効果は強いけれど…やっぱりトラネキサム酸は危険?>

 

トランシーノに含まれているトラネキサム酸によって副作用が出ることがあるのは分かりましたが、それではトラネキサム酸が配合しているものは全て危険なのでしょうか?

 

トラネキサム酸は美白効果の高いハイドロキノンの約10倍もの美白効果をもたらすと言われている成分です。

 

効果が強すぎて危険に感じる方もいますが、トランシーノを飲んではいけない条件に当てはまっていなければ、副作用が出ることはほぼありません。

 

過剰摂取をするなど間違った飲み方をすれば副作用が出ることもありますが、正しく容量・用法を守っていれば、副作用が起こることはほぼないので安心してください。

 

最近ではトラネキサム酸は化粧品に配合できるように改良され、さらに副作用が出る危険性は極めて低くなりました。

 

トランシーノを使って肝斑治療をしたいけれど、副作用が心配な方はまずはトランシーノの主成分であるトラネキサム酸配合の化粧品を使ってみて、自分に合うのかどうか確かめてから使っても遅くはありません。

 

 

トランシーノは正しく飲めば肝班治療に効果的な治療薬です。

 

まずは少しずつ試してみて、自分に合うかどうか確認しながら肝斑治療を行っていきましょう!

 

>>ブライトエイジは何歳向け?口コミから分かった対象年齢【アイム/第一三共】

このページの先頭へ