ブライトエイジ 白斑
ブライトエイジには白斑が起こる危険性はあるのでしょうか?

以前カネボウが販売した美白化粧品を使って、顔が白くまだら模様になる白斑ができてしまった使用者が急増したことから、化粧品業界の中でも大問題になりました、

未だにまだ白斑ができてしまった使用者の全員と和解は成立しておらず、2011年に発覚したのにもかかわらず、1,000人以上もまだ対応できていません。

この大事件が起こったことで「美白化粧品=危険」と思われている方も多いでしょう。

アンチエイジング化粧品として人気のブライトエイジはハリや弾力を取り戻すだけでなく、美白成分も配合されているのですが、白斑ができてしまい恐れはないのでしょうか?

ブライトエイジの副作用の危険性について調査しました。

白斑が起きた原因とは?

そもそもなぜカネボウの美白化粧品で白斑ができてしまったのでしょうか?

その原因はカネボウの美白化粧品に含まれていた「ロドデノール」です。

このロドデノールは強い美白成分があるものの、効果が出過ぎて白斑を起こしてしまう危険性がありました。

さらに2011年に白斑ができると問題になったのにもかかわらず、商品回収に1年半もかかってしまったことから、メディアにも取り沙汰され、大問題へと発展したのです。

未だにこの美白化粧品が原因で白斑が治っていない人もいることから、美白化粧品ってやっぱり危ないのでは…といくら効果があると言われても躊躇してしまう人もいますよね。

ブライトエイジには白斑ができることはないのでしょうか?

ブライトエイジが安全に美白できる理由って?

ブライトエイジが販売されてから今まで、白斑ができたという報告はどこにも寄せられていません。

ブライトエイジは美白成分が入っているのに、なぜ白斑にはならないのでしょうか?

その理由はトラネキサム酸を使用しているからでしょう。

トラネキサム酸は抗炎症作用やシミやくすみの原因であるメラニンを抑制することで、美白効果をもたらすことができます。

現在は美白効果があるのに安全性が高いこともあって、医薬品や化粧品の多くに使用されていますが、もともとはブライトエイジの開発会社である第一三共ヘルスケアが開発したものです。

そのため、トラネキサム酸の中でも品質が高く、より安全に美白することができるので、白斑になってしまう危険性はありません。

正しい使い方で自分に合った美白ケアを

ブライトエイジは白斑だけではなく、成分による副作用が出たという情報はどこにも寄せられていません。

保湿成分も豊富であることから乾燥肌や敏感肌でも安心して美白ケアすることができるので、幅広い年代にブライトエイジは愛用されています。

しかし、副作用は出ないにしても、間違った使い方をいつまでも続けていても、思うような効果を得ることはできません。

毎日朝晩使うことで効果を発揮することができるので、たまにしか使わなかったり、規定の量より少なく使っていても美白することはできないでしょう。

シミやくすみを本当に治したいのであれば、正しい使い方を意識して、ブライトエイジを使ってみてくださいね。

ブライトエイジには美白成分が入っているから白斑になるのでは?と信じられなかった方もブライトエイジには危険な成分が一切入っていないことが分かっていただけましたか?

ブライトエイジは口コミでも高く評価されており、芸能人の愛用者も多いので、信用性も高いですよね。

ブライトエイジに配合されている美白成分には白斑ができる危険性はなく、シミやくすみの元から抑制することができるので、理想の肌へと導いてくれます。

肌のハリや弾力だけでなく、シミやくすみが気になるのであれば、ブライトエイジの効果をその肌で感じてみてはいかがでしょうか?

>>ブライトエイジの公式サイトはこちら