モウシロトーンアップクリーム ハイドロキノン
美白成分のハイドロキノンは皮膚科でしか処方することができないとされていましたが、2001年より薬事法が改正され、ハイドロキノンの規制が緩和されたことで化粧品にも配合できるようになりました。

しかし、美白効果が高いと評価される一方で、肌刺激が強いので大丈夫なの?と心配される声があがっていますが、ハイドロキノンが配合されているモウシロトーンアップクリームは大丈夫なのでしょうか?

危険性は低い?モウシロトーンアップクリームが弱くても使えるの?

皮膚科で処方されるハイドロキノンよりも濃度を低いですが、モウシロトーンアップクリームにはハイドロキノンが配合されています。

ハイドロキノンの効果により、瞬時に肌を白くすることができるだけでなく、使い続ければ肌自身を白くすることができるとあって、美白に憧れを持つ多くの女性たちの間で話題になっていますよね。

ですが、ネットや専門の本などを見ても「ハイドロキノンは肌に塗るのは危険」「副作用のリスクが高い」など肌荒れを起こすこともあると懸念している人も多く、肌が弱いなら尚更使っていいのかどうか悩んでいる人も多いでしょう。

確かにハイドロキノンは美白効果が高い分、肌刺激も強いとされています。

しかし、皮膚科で処方されるハイドロキノンとは濃度が違い、化粧品に配合できるハイドロキノンの濃度は決まっていることから、ハイドロキノンが原因で肌荒れを起こす危険性は低いと考えられます。

実際にモウシロトーンアップクリームに含まれているハイドロキノンが原因で肌荒れを起こした情報はどこにも寄せられていませんし、間違った使い方をしていなければ誰でも安心して使用することができるでしょう。

シミやくすみを改善する効果は低い?

ハイドロキノンが含まれていることで、ただ一時的に肌を白くするだけでなく、使い続ければシミやくすみを改善する効果も期待できるとされているのですが、シミやくすみを根本的に改善する効果はそこまで強いわけではないですよね…

ハイドロキノンは配合されているものの、濃度はかなり低いですし、逆に強ければ化粧下地としては使うことができないことを考えると、モウシロトーンアップクリームだけでシミを治そうとするのは難しいでしょう。

シミを治したいと考えているのであれば、美白効果のあるスキンケアを使って集中的にケアしてみてくださいね。

危険性は低いけれど効果はそれほど?

モウシロトーンアップクリームに含まれているハイドロキノンは濃度も国が定めた量を守って配合しているので、ハイドロキノンが原因で副作用が起こる可能性は極めて低いでしょう

しかし、危険性が低い一方で、一時的に肌を白くする効果はあっても、本来の肌のくすみを改善したり、シミを消す効果は低いとされています。

使い続ければ少しずつ美白効果が高まっていき、いずれはくすみやシミを改善させることができる可能性もありますが、かなり時間がかかってしまうことを考える、モウシロトーンアップクリームだけでは物足りなさを感じることも…

肌のトーンを明るくするためにモウシロトーンアップクリームを使うのはいいと思いますが、効果的にシミやくすみを改善したいのであれば、別のホワイトニングアイテムを使ったほうが良さそうですね。

モウシロトーンアップクリームに含まれているハイドロキノンは危険性が高いのでは?と心配されていた方もこれなら安心して使ってみることができますね。

しかし、あくまでも一時的に肌を白くさせるクリームなので、根本的に肌を白くしたいのであれば、別の方法も考えたほうがいいでしょう。

素肌を簡単にトーンアップすることができるので、気になる方は試してみてくださいね!